レガシィ BP BL ドアミラーの分解方法

レガシィ

今回はレガシィBP BL、前期タイプのドアミラーを分解します。

ドアミラーは、前期タイプと後期タイプで構造が少し変わってますがそんなに大きな違いはありません。

・ドアミラーのカバーを交換したい

・ドアミラーに付いているウィンカーレンズを交換したい

・でも結構固そうだし、作業すると壊れるんじゃないか?

・どこから手を出せばいいのかわからない。。。

こういった疑問にお答えします。

同じ内容を1本の動画にしましたので、こちらもぜひご覧ください。

レガシィBP BL ドアミラー分解

ドアミラー分解のコツは温める事

では早速解説します。

まず、部品を破損させな為にドアミラー全体をドライヤーで温めます

これはプラスチックで出来たツメ部分を破損させない為に行います。

ただ、夏場の暑い時期に作業でしたらこの作業は不要です。

すでにドアミラー本体が温まっていますので、破損の確率は低いので省いても構いません。

まずミラーから外す

まず最初に外す部品はミラーです。

このミラーを下の写真の様に手で掴んで無理やり動かしてしまいましょう。

「バキバキバキ」と音がなりますが問題ありません。

ミラー下側を開ける様にしてください。

下側を開けたら写真の様に小さいマイナスドライバーを差し込みコジります。

ミラーが外れた状態です。

先ほど小さいマイナスドライバーでコジった場所が黄色いマルで囲った場所です。

上の青マル部分はミラー側のツメが下から引っかかっているだけなので下へ、ズラす様に引き抜けば外れます。

ミラー裏の配線2本は抜けばOK

ミラーがツメから外れると配線が二本取り付いてます。

この配線も外してしまいましょう。

組み付けの際は、忘れずに取り付けましょう。

ドアミラーカバーを外す

続いてドアミラーカバーを外します。

下の写真の様にカバーを止めているツメが三ヶ所見えます。

黄色いマルで囲ったところですね。

このツメを外しながら、カバーを外します。

コツはツメ三ヶ所押すと、下の写真の様にカバーが少し浮き隙間が出来ます。

ピンぼけしてわかりずらいですが、矢印の部分ですね。

ここまで出来たら、この隙間にツメを入れ引っ張ってカバーを外します。

外れたカバーの裏側はこんな感じです。

ドライヤーで温めておけば破損せずに外れます。

ウィンカーレンズを外す

最後にウィンカーレンズを外します。

これは比較的簡単です。

写真の様にネジが裏表に三ヶ所ありますので外しましょう。

黄色のマルで囲ってある場所ですね。

このネジを外したら、ウィンカーレンズのコネクターを切り離しましょう。

青マルで囲った部分ですね。

これでウィンカーレンズの取り外しも完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はドアミラーの分解を解説しました。

コツは1つだけで、作業前に部品をよく温めることですね。

これをやるやらないでは作業効率が全然変わってきます。

ぜひこの記事を参考にトライしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました