レガシィBP BL ドアミラーの分解方法【写真付き】

レガシィ

今回はレガシィBP BL、前期タイプのドアミラーを分解します。

・ドアミラーのカバーを交換したい

・ドアミラーに付いているウィンカーレンズを交換したい

・でも結構固そうだし、作業すると壊れるんじゃないか?

・どこから手を出せばいいのかわからない。。。

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている私はスバルの整備士を6年間やってきて、自分の車のドアミラー分解も行った経験があります。

やり方には手順注意点がありますので、この記事を参考にぜひトライしてみてください。

同じ内容を1本の動画にしましたので、こちらもぜひご覧ください。

レガシィBP BL ドアミラー分解

レガシィ BP BL ドアミラーの分解方法

ドアミラーは、レガシィの前期タイプと後期タイプで構造が少し変わってますがそんなに大きな違いはありません。

取り外し、分解には手順がありますので順番通りに、しっかり見ながら作業をしてください。

手順を飛ばして作業をしてしまうと破損に繋がりますし、1番外側のアウターカバーはツメだけで固定されており、このツメがとにかく良く割れますw

しかも今回の作業の中で一番外しにくい部品です。

この箇所は、思い切り良く、一瞬力を入れて外した方が確実に外れる場合があります。

逆にこのアウターカバーさえ外れてしまえば、後は簡単です。

また、ドアミラー単体を車から取り外したい場合にはドアの内張りを外す必要があります。

ドア内張りの外し方はレガシィ BP BL ドア内張の外し方【写真付き】に詳しく記事にしましたのでよろしければご覧ください。

レガシィBP BL ドアミラー分解のコツは温める事

では早速解説します。

まず、部品を破損させな為にドアミラー全体をドライヤーで温めます

これはプラスチックで出来たツメ部分を破損させない為に行います。

ただ、夏場の暑い時期に作業でしたらこの作業は不要です。

すでにドアミラー本体が温まっていますので、破損の確率は低いので省いても構いません。

※どうしても硬くて外しにくい場合は夏でもドライヤーでしっかり温めてから作業しましょう。

まずミラーから外す

まず最初に外す部品はミラーです。

このミラーを下の写真の様に手で掴んで無理やり動かしてしまいましょう。

「バキバキバキ」と音がなりますが問題ありません。

ミラー下側を開ける様にしてください。

下側を開けたら写真の様に小さいマイナスドライバーを差し込みコジります。

ミラーが外れた状態です。

先ほど小さいマイナスドライバーでコジった場所が黄色いマルで囲った場所です。

上の青マル部分はミラー側のツメが下から引っかかっているだけなので下へ、ズラす様に引き抜けば外れます。

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥180 (2020/03/27 20:44:51時点 Amazon調べ-詳細)

ミラー裏の配線2本は抜けばOK

ミラーがツメから外れると配線が二本取り付いてます。

この配線も外してしまいましょう。

組み付けの際は、忘れずに取り付けましょう。

ドアミラーカバーを外す

続いてドアミラーカバーを外します。

下の写真の様にカバーを止めているツメが三ヶ所見えます。

黄色いマルで囲ったところですね。

このツメを外しながら、カバーを外します。

コツはツメ三ヶ所押すと、下の写真の様にカバーが少し浮き隙間が出来ます。

ピンぼけしてわかりずらいですが、矢印の部分ですね。

ここまで出来たら、この隙間にツメを入れ引っ張ってカバーを外します。

外れたカバーの裏側はこんな感じです。

ドライヤーで温めておけば破損せずに外れます。

ウィンカーレンズを外す

最後にウィンカーレンズを外します。

これは比較的簡単です。

写真の様にネジが裏表に三ヶ所ありますので外しましょう。

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥393 (2020/03/28 13:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

黄色のマルで囲ってある場所ですね。

このネジを外したら、ウィンカーレンズのコネクターを切り離しましょう。

青マルで囲った部分ですね。

これでウィンカーレンズの取り外しも完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はドアミラーの分解を解説しました。

コツは1つだけで、作業前に部品をよく温めることですね。

これをやるやらないでは作業効率が全然変わってきます。

ぜひこの記事を参考にトライしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました