レガシィ BP BL フロントグリルの外し方

レガシィ

今回は、レガシィのフロントグリルの外し方を解説していきます。

レガシィ BP BL純正のグリルは年数の劣化や紫外線などによって、メッキ部がハゲてきたり、くすんできたりします。

そうなってしますと、見栄えが悪くなり、あまり気持ちの良い状態ではありませんよね。

そうなると、「自分で好きなグリルに変えたい!」と言う人もいると思います。

今回、初めての人でもわかりやすくフロントグリルの外し方を解説していきますので、ぜひトライしてみてください!

フロントグリルの外し方を1本の動画にもしましたので、よければこちらもご覧ください。

レガシィ BP BL フロントグリルの外し方

それでは早速解説していきます!

グリルについてるクリップ4つを外す!

まず最初に行う作業が、フロントグリルの両端クリップが4つありますので、そちらを外してください。

上の写真だと指を指しているところですね。(写真はグリル左側部)

このクリップはマイナスドライバークリップ外しを使うと外しやすいです。

グリル上面にあるツメを外す!

続いては、フロントグリル上面にあるツメが4つありますので、こちらを外します。

下の写真で見るとこのツメですね。

外し方は小さいマイナスドライバーを使って軽く押します。

強く押すとこのツメが割れてしまいますので、注意してください。

コツを言うと、下の写真のように軽くツメを押しながらグリルと車体を離します。⬇︎

こうすることで、ツメを折らずに確実に外すことができます。

この作業を合計4箇所ありますので、同じように外していきましょう。

グリル裏側にある引っかきツメを外す!

もう最後です。

最後なんですが、ここがちょっと厄介です。

グリル裏側に引っかきツメが2つありますので、外していきます。

まず下の写真のように隙間に手を突っ込みます。

引っかきツメは左右に1個ずつありますにので、1つ1つ外していきましょう。

下の写真はすでにグリルを外してあります。

外した状態で、裏側の引っかきツメはどんな構造になっているのか解説していきます。

黄色のマルが引っかきツメです。

そして青のマルが引っかきツメが、引っかかる場所です。

上から手を入れ引っかきツメを上に持ち上げながら、グリルを手前に引けば外れます。

この引っかきツメはなかなか硬いのでエンジン停止直後に行うと、作業しやすいです。

まとめ!

いかがだったでしょうか?

フロントグリルは誰でも外して交換できる構造になっていますので、ぜひこの記事を参考にトライしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました